Mathematics And Physics in Nonlinear Waves, 6-8 November, 2008

応用力学研究所 研究集会「非線形波動の数理と物理」

プログラム

共同発表の場合,「○」がついた著者または第1著者が登壇者です.

11月6日(木)

12:55開会,諸連絡(代表者)
1.13:00〜13:30ソリトンの二次元相互作用 ― 実験、理論、数値計算の比較
及川正行(九大応力研) 辻英一(九大応力研) 児玉裕治(Ohio State University)
2.13:30〜14:00非分散連立方程式ソリトンの有効相互作用
角畠浩(富山大工) 紺野公明(日大理工)
3.14:00〜14:30渦対振動子の長波短波共鳴相互作用が引き起こす液滴の自発運動
伴貴彦(同志社大理工) 畑田洋祐(同志社大理工) 塩井章久(同志社大理工)
休憩(14:30〜14:45)
4.14:45〜15:45【特別講演】非線形シュレディンガー方程式のソリトンの外力下での運動
坂口英継(九大総理工)
休憩(15:45〜16:00)
5.16:00〜16:30q-パンルヴェ方程式の対称化とその超幾何解
梶原健司(九大数理) ○中園信孝(九大数理) 津田照久(九大数理)
6.16:30〜17:00変形Pohlmeyer-Lund-Regge方程式から見たPainlevé III型方程式
菊地哲也(東大数理)
7.17:00〜17:30ブラウン写像について
野邊厚(阪大基礎工)

11月7日(金)

8.9:30〜10:00人の集団に関する新たな評価方法の考察
大塚一路(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
9.10:00〜10:30複数窓口の待ち行列における待ち時間と追い越しの頻度の研究
柳澤大地(東大工・学振) 須摩悠史(東大工) 木村紋子(東大工) 友枝明保(東大工) 大塚一路(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
10.10:30〜11:00反応度関数を導入したPayneモデルの数値シミュレーションと非線形飽和
友枝明保(東大工) 社本大輔(東大工) 大塚一路(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
休憩(11:00〜11:15)
11.11:15〜12:15【特別講演】精度保証付き数値計算の現状 −基礎としての線形系から非線形問題の計算機援用証明までのサーベイ−
大石進一(早大理工)
休憩(12:15〜13:30)【ポスター掲示のコアタイムは13:00からです】
12.13:30〜14:00可積分格子の時間離散化
土田隆之(岡山光量子科学研)
13.14:00〜14:30重調和作用素と対応するソボレフ不等式の最良定数
永井敦(日大生産工)
14.14:30〜15:00Sawada-Kotera方程式の超離散化
広田良吾(早大名誉教授)
休憩(15:00〜15:15)
15.15:15〜16:15【特別講演】確率解析のKdV方程式への応用について
谷口説男(九大数理)
休憩(16:15〜16:25)
16:25〜18:15【ポスターセッション】 講演リスト
懇親会・ベストポスター賞表彰式 (18:30〜)

11月8日(土)

16.9:30〜10:00一階線形偏微分方程式の解法に基づく差分化と超離散
岩尾昌央(早大理工)
17.10:00〜10:30正則化法と全保存型差分法を用いた重力N体問題のシミュレーション
峯崎征隆(徳島文理大)
18.10:30〜11:00宇宙プラズマ波動の変調不安定性
成行泰裕(高知工業高専)
休憩(11:00〜11:15)
19.11:15〜12:15【特別講演】折紙の数理化とその学術的応用−主に折紙の工学化について
野島武敏(東工大イノベーション推進体)
休憩(12:15〜13:30)
20.13:30〜14:00三角型Ruijsenaars-Schneider模型の先進Green関数
有川晃弘(筑波大数理物質科学)
21.14:00〜14:30A型ドリンフェルト・ソコロフ階層の相似簡約とその退化構造
鈴木貴雄(神戸大理) 藤健太(神戸大理)
22.14:30〜15:00Macdonald作用素のHeisenberg表現から導かれる古典可積分系について
土谷洋平(大原院大会計) 白石潤一(東大数理)
休憩(15:00〜15:15)
23.15:15〜15:45織込部交通流の渋滞改善
西遼佑(東大工) 三木弘史(さくらアカデミア) 友枝明保(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
24.15:45〜16:15微分−差分−超離散OVモデルについて
高橋大輔(早大理工) 松木平淳太(龍谷大理工)
16:15諸連絡,閉会

ポスター講演

  1. 粉粒体モデルによる密集シミュレーション
    佐原亨(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  2. 予測つきフロアフィールドモデルによる曲がり角での群集運動の解析
    須摩悠史(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  3. 小仏トンネルにおける渋滞形成シミュレーション
    社本大輔(東大工) 友枝明保(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  4. 生産管理における在庫渋滞のモデル化
    近藤宏樹(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  5. 成田空港の渋滞解消に向けたイベントモデルの応用
    木村紋子(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  6. Traffic Fllow in Airline Network
    野村宗広(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  7. 待ち行列モデルを用いた駅構内の流れの解析
    田中裕貴(東大工) 西成活裕(東大工・さきがけ)
  8. 待ち行列のある拡張について
    有田親史(東大工)
  9. 回転浮遊液滴の形状及び振動に関する研究
    江口隆大(東大工) 崔大宇(東大工)
  10. QRT系から生成される高次保存量を持つ2階差分方程式
    田中宏典(龍谷大理工) 野邊厚(阪大基礎工) 松木平淳太(龍谷大理工)
  11. 離散KP方程式のリダクションから得られる超離散ソリトン系について
    吉田真将(はこだて未来大複雑系)  由良文孝(はこだて未来大複雑系)
  12. 特異点閉じ込めテストの超離散化について
    三村尚之(青学大理工) 礒島伸(青学大理工) 村田実貴生(青学大理工) 薩摩順吉(青学大理工)
  13. Polynomial Hamiltonians for Quantum Painlevé Equations
    上野祐一(神戸大理)
  14. Baby-bathwater scheme −a bridge between macroscopic and microscopic descriptions−
    磯野雅史(同志社大工) 大宮眞弓(同志社大工)
  15. Networked Ising-Sznajd Model and the Stock Markets
    長尾朋徳(同志社大工) 大宮眞弓(同志社大工)
  16. 2次非線形方程式の求解によるニュートン法を用いた固有値問題の逐次解法
    安河内進士(同志社大学工) 近藤弘一(同志社大学理工) 岩崎雅史(京都府立大生命環境)
  17. KP方程式の初期値問題とソリトン解 ―V字波形の時間発展―
    辻英一(九大応力研) 及川正行(九大応力研) 児玉裕治(Ohio State University)
  18. XYモデルのシミュレーターにおけるスピン挙動と確率変数
    矢嶋徹(宇都宮大工) 中島日出雄(宇都宮大工)
  19. ゆずりあいのダイナミクス
    巌佐正智(名大理)
  20. 確率共鳴に基づいた離散場の探索
    大仲毅(横浜国大工) 神戸芳仁(横浜国大工) 石渡信吾(横浜国大工)

プログラムと概要(印刷用PDF)

正当なCSSです!Valid HTML 4.01 Transitional